【御契約】北九州市八幡西区のお客様より、外壁塗装・屋根塗装工事の御契約を頂きました!

  • HOME
  • お知らせ
  • 【御契約】北九州市八幡西区のお客様より、外壁塗装・屋根塗装工事の御契約を頂きました!

この度はご紹介よりより、外壁塗装・屋根塗装工事をお任せいただき誠にありがとうございます!
担当の現場管理が施工前から施工後もしっかりサポートいたします。

 

【北九州市八幡西区 法人様】
お住まい診断結果

※実際にお客様にお渡しした報告書を一部抜粋して掲載しております。

外観(A棟)


塗装中、室外機にも養生を行いますが、メッシュ素材ですので安心してお使いいただけます。


塗装工事中のお洗濯物は、塗料の飛散・汚れ付着防止のため室内干しでのご協力をお願い致します。
※ご入居者様へは工事が始まる前にご案内させて頂きます。



外観(B棟)


工事中、駐車場に足場がかかるため、一部駐車場が狭くなる場合がございます。
工事中のお車の出し入れはご注意ください。


狭い部分もありますので、塗装不可の部分又はライン出しがしっかりできない部分が出てくる可能性があります。


塗装工事中のお洗濯物は、塗料の飛散・汚れ付着防止のため室内干しでのご協力をお願い致します。
ご入居者様へは、工事が始まる前にご案内させて頂きます。

 

コロニアル屋根(A棟)

この素材はセメント:アスベスト(又はパルプ繊維)が85:15で作られています。表面の塗装が新築当時はアクリル塗装を焼き付けており、7年ぐらい経過すると表面の防水効果が低下し、だんだん反りや割れが生じてきます。劣化し割れや反りがひどくなり葺き替えとなると、アスベストが入っているので処分費がかなりかかりますので、早めの塗装と維持をお勧めします。

 


屋根の素材はノンアスベストの場合、屋根自体の耐久度が弱く、塗装を施しても数年でひび割れなどが発生する事案も報告されています。
以上の理由により塗装はあまりお勧めできません。この屋根のメンテナンス方法としては、下記の2つをお勧め致します。
①屋根の葺き替え
※メリット・・・既存を撤去するので、屋根の重量があまり変わらない。
※デメリット・・・既存を撤去するので、処分費が掛かってくるためカバー工法よりも費用が高くなる。

②カバー工法
※メリット・・・葺き替えよりも安く済む。
※デメリット・・・既存屋根材の上に葺くので、屋根の重量が重くなり負担がかかる。
既存の屋根材の状態によっては、オススメできないケースもある。


現状かなり劣化が進んでおり、施工直後はわかりませんが、通常の下塗・上塗2回の施工をしますとコロニアルの吸い込みが激しく、下塗が吸い込んだ分上塗も吸い込み、数年後に早期色褪せになりますので、この場合は下塗2回・上塗2回の4工程をお勧め致します。
※屋根塗装は縁切り又はタスペーサー設置が必要となります


カビの発生が見られます。
カビの上にいくら良い塗装をしても、カビの根が残っている以上塗膜を突き破って表面化してきますので、カビの根を抑える必要があります。

▶対処方法
いくら高圧洗浄をかけても、カビの根が残ってしまいますので、カビの根を殺す防カビ下塗りをおこない、下塗り二回・上塗り二回の四層四工程をおこないます。

コロニアル屋根(B棟)


現状かなり劣化が進んでおり、施工直後はわかりませんが、通常の下塗・上塗2回の施工をしますとコロニアルの吸い込みが激しく、下塗が吸い込んだ分上塗も吸い込み、数年後に早期色褪せになりますので、この場合は下塗2回・上塗2回の4工程をお勧め致します。
※屋根塗装は縁切り又はタスペーサー設置が必要となります


カビの発生が見られます。
カビの上にいくら良い塗装をしても、カビの根が残っている以上塗膜を突き破って表面化してきますので、カビの根を抑える必要があります。

▶対処方法
いくら高圧洗浄をかけても、カビの根が残ってしまいますので、カビの根を殺す防カビ下塗りをおこない、下塗り二回・上塗り二回の四層四工程をおこないます。


板金部は、止めている釘が浮いている場合は再度打込みをおこない、塗装はサビ止め塗布・屋根材塗料の上塗2回をおこないます。

 

外壁(A棟)


意匠性を活かすため、クリヤー施工のご案内をさせて頂きます。
※クリヤー施工の場合は、シーリング材の上に塗装をするとひび割れや剥離など不具合が生じますので、全面シーリング後打ちをおこないます。


外壁吸水試験になります。
経年劣化により、塗膜の防水効果が低下し、外壁が水分を吸収してしまっています。
このままですと、外壁が水分の吸収と放出を繰り返し、ひび割れや、爆裂に繋がりますので早期の塗装をお勧め致します。


紫外線などにより塗膜の表面が劣化し、チョークの粉状のような状態になっています。
この状態になると表面から雨水や湿気を吸い込んでしまい、外壁や中の躯体の痛みにつながりますので、早めの塗装をお勧めします。

塗膜のひび割れが見られます。
この部分はクリヤーの場合補修が出来ず、このままの仕上りになります。
※膜が付いた状態になりますので、問題はありません。


外壁の劣化やクラック・シーリングの痛みが原因で外壁が水や湿気を吸って乾いてを繰り返し外壁が沿ってしまっています。
反ってしまうと二度と反りは戻らず、さらに反りがひどくなると割れ等も生じてきますので、ひどくなる前の塗装をお勧めします。


ハウスメーカーの特徴の一つとして外壁材(サイディング)のジョイント目地のパッキン工法が採用されております。
通常のゴムのようなシーリングではなく、パッキンのようなメーカーさんオリジナルの目地になります。
経年劣化するとこのパッキンが硬化しその部分から水を吸って外壁材が反ってきてしまいますので、劣化する前のメンテナンスをお勧めいたします。
この部分の補修方法は、
・出てきている部分を再度入れ込み、エポキシ系の下塗りをおこない密着力を高め塗装。
・全て撤去し通常のゴム系のシーリングを注入(別途費用)
の2つがあります。

外壁(B棟)


この部分はクリヤーの場合下地の状況はそのまま出てしまいますので、このままの仕上りになります。
※膜が付いた状態になりますので、問題はありません。


補修跡が見られます。
この補修材が塗料が密着しないシリコン材の補修の場合は、撤去して新たに変性タイプのシーリング材で補修をおこなうか、逆プライマー等で塗料が密着するように下地処理をおこないます。

※クリヤー塗装の場合、補修跡が目立つ恐れがございます。


コーナー部のサイディングの表面劣化が生じております。
この部分はクリヤーの場合下地の状況はそのまま出てしまいますので、このままの仕上りになります。

※膜が付いた状態になりますので、問題はありません。

コーキング材の油分が表面に浮き出た際に、空気中の汚れが付着し黒くなっております。
このまま塗装をしても数年後に表面にまた出てきますので、シーリング打替え又はブリードオフプライマー塗布後の塗装をお勧め致します。


こちらにもシーリングがあります。
このシーリング材が塗料が密着しないシリコン材の場合は、撤去して新たに変性タイプのシーリング材で補修をおこなうか、逆プライマー等で塗料が密着するように下地処理をおこないます。


クリヤー施工の場合、高圧洗浄で取り除けないカビ部分は、外壁材を傷めない程度に、シンナー拭き等で可能な限りカビを取り除いて、クリヤー施工をおこないます。

 

付帯部(A棟)


破風
こちらは鉄・スチール素材の場合、劣化が進むと腐食やサビの発生がしてきますので、劣化が進む前のメンテナンスをお勧め致します。

▶対処方法
サビが発生しているうえに塗装をしてもすぐにサビが表面化してきますので、ケレン作業・サビ止め等の下地処理を行い塗装をしていく必要があります。


軒天
経年劣化しています。
この部分は有孔ボードや軒天換気等を使用する場合もあり、屋根裏部の湿気を逃がす部分になります。
この部分は使用塗料を間違えると剥離等の不具合につながりますので、通気性の良い軒天専用の塗料で塗装をおこないます。


こちらは鉄・スチール素材になります。
劣化が進むと腐食やサビの発生がしてきますので、劣化が進む前のメンテナンスをお勧め致します。

▶対処方法
サビが発生しているうえに塗装をしてもすぐにサビが表面化してきますので、ケレン作業・サビ止め等の下地処理を行い塗装をしていく必要があります。

付帯部(B棟)



この部分は塩ビ素材になります。
劣化すると割れが生じたりすることがありますので、塩ビ専用の下塗り又はケレン等の下地処理・上塗をおこないます。


換気フード
こちらはアルミ素材で基本的には塗装不可の部分になりますが、施工する場合はミッチャクロン及びその他下塗りを塗布し、上塗りを施工していきます。
※剥離する可能性があります

基礎
アルカリ性のコンクリートは空気中の二酸化炭素や酸性雨と結合することによって徐々に中性化されます。
中性化されたコンクリートは表面にヒビが入るだけでなく、内部の鉄筋の腐食や膨張につながり構造物の性能低下につながりますので、シーリング等で補修をおこないます。

診断者

代表取締役 戸髙

外装劣化診断士
認定番号:13100230

塗装工事プラン

外壁塗装

スーパーSDクリヤーSi-JY<3年保証(ベストホームのみ)>


主な機能
・光沢の再生:外壁用クリヤー(透明)塗料のため、意匠性の高いサイディング外壁を単色で塗りつぶすことなく、外壁のデザインをそのまま残すことが可能です。
・耐候性:塗膜の劣化要因である紫外線に対して強い耐性を発揮し、長期間にわたり外壁を保護します。
・低汚染性:塗膜表面が親水性を有しているため、付着した汚れが雨水により流れ落ちます。また防カビ性・防藻性も有しており、ダブルの効果で塗膜を美しく保ちます。

 

 

屋根塗装

シリコンREVO1000<3年保証(ベストホームのみ)>


主な機能
・耐候性①:劣化に強いシリコン成分の配合量が一般的なシリコン塗料の約3倍。高い耐候性を発揮し建物を長期間保護します。
・耐候性②:ラジカル制御型白色顔料により耐候性が向上。塗膜の劣化を制御します。
・低汚染性:表面が強靭な層で作られている樹脂により低汚染性を発揮。最表面が強靭性を有するため、汚れが付着しにくく低汚染性を発揮します。

 

 

最後に

工事の日程が決まりましたらお施主様・ご近隣の方々へご挨拶に伺います。
工事着工までもうしばらくお待ちください。ご不明な点がございましたらいつでもお気軽にご相談ください。
引き続きよろしくお願いいたします。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ内容の入力

ベストホーム株式会社ベストホーム株式会社

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
※必須の項目は必ず入力してください。

お名前 
※必須
お名前(ふりがな)
住所
※必須
ご希望の返答方法 
※必須

電話の方はこちらに入力

メールの方はこちらに入力

※確認用自動メール送信のためご入力ください。
お問い合わせ内容 
※必須

 
 

屋根塗装・外壁塗装のお問い合わせ・お見積り(無料)はこちら

【ベストホーム株式会社(プロタイムズ小倉南店)】

〒803-0279 福岡県北九州市小倉南区徳吉南1-1-16

【TEL】0120-05-8127

【FAX】093-383-9226

お住まいのお悩み・ご相談はお気軽に
お問い合わせください

       
お住まいのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください お住まいのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください

しつこい営業のセールス、勧誘などは一切ございません。 無理にお名前やご住所などを伺うこともございません。 TEL 0120-05-81270120-05-8127
電話お問い合わせ年中無休
営業時間 9:00~18:00