【外壁塗装】塗装の前の下準備!高圧洗浄で塗料の耐久性が変わる?【屋根塗装】

  • HOME
  • お知らせ
  • 【外壁塗装】塗装の前の下準備!高圧洗浄で塗料の耐久性が変わる?【屋根塗装】

ベストホーム株式会社ベストホーム株式会社

塗装と聞くと、ローラーや刷毛を使って塗料を塗っていく作業風景を思い浮かべる方が多いかと思いますが、
実際に塗布していく段階の下準備として欠かせない工程の一つが「高圧洗浄」です。
これから新しく塗り替えるのにわざわざ洗浄する必要があるのか?と高圧洗浄の必要性について疑問に思われる方もいるかもしれませんが、
この作業が適切に行われていないと、せっかくグレードの高い塗料を塗ってもその効果が最大限に発揮できません。
今回は高圧洗浄の種類についても触れながら、必要性について解説していきます。

目次

 

高圧洗浄の工程と種類

そもそも高圧洗浄とはどの段階でどのようにして行っていくのでしょうか。
ここではその工程や種類について詳しくご説明いたします。

高圧洗浄の工程


塗装工事において高圧洗浄は、外壁・屋根に付着した汚れや旧塗膜を洗い流すため、塗装前に行われる工程の一つです。
手順としては以下のとおりです。

①飛散防止シートで建物周囲を覆う
高圧洗浄で出た汚水が近隣へ飛散してしまわないよう、足場周りに飛散防止シートを張ります。
その際、漏水・漏電の恐れがある箇所や、換気扇など住宅内部に侵入する恐れがある箇所などにもしっかりと養生を行っていきます。
またバイオ洗浄の場合には、洗浄剤が植物にかかると枯れてしまう可能性があるため、移動が可能なものに関しては事前に動かしてもらい、
移動が難しければ植物にも養生を行います。

②汚れを落とす
高圧洗浄やバイオ洗浄で汚れを落としていきます。
汚れの状態によっては1回で落としきれない場合もあるため、その際は洗浄を2回行います。
基本的には半日~1日で作業は終了します。

③乾燥させる
洗浄後は丸1日乾燥時間を設けてしっかりと乾かします。
この乾燥時間が十分でないと、塗料と外壁や屋根との間に水分が入り込み新しい塗料の劣化を早めてしまいます。


高圧洗浄の種類


塗装で行う洗浄では、外壁の状態に合わせて先端に接続するノズルを変えたり薬剤を使用したりします。
ここでは「ストレート噴射」「トルネード噴射」「バイオ洗浄」の三種類についてご説明します。

ストレート噴射
圧縮された水が扇状や真っすぐに噴射されます。
ごく一般的な洗浄方法で、基本的には外壁専用の噴射ノズルとなっています。
また、一定の方向から水が噴射されるため、金属などフラットな素材の洗浄に適しています。
凹凸がある外壁材に噴射する際は、一定方向からの洗浄だけでは汚れを綺麗に落とすことが難しい場合もあるため
状態に合わせて様々な方向から洗浄する必要があります。

さらに木部を高圧洗浄する際、ノズルによっては洗浄痕が残ってしまうことがあります。
洗浄痕は浸透性塗料では隠すことができないため、その場合は洗浄後にケレン作業が必要となってきます。


トルネード噴射
高圧の水が回転しながら噴射されます。
基本的には屋根の洗浄時に使用されることが多いですが、状況によっては外壁に使用されることもあります。
トルネード噴射はストレートに比べ水圧がより強力なため、2~3倍のスピードで作業を進めることができ、
リシンやスタッコといった細かな凹凸がある外壁材や、広範囲に及ぶ洗浄が必要な場合には作業効率を上げることができます。

しかし水圧が強力な分、外壁の状態によっては壁面そのものを傷つけてしまう可能性もあります。
外壁に使用する際は水圧を調整しながら洗浄する必要があります。


バイオ洗浄
前述の一般的な高圧洗浄では水道の水を使用して洗浄を行っていきますが、
水だけでは落とせないカビやコケ・藻などがある場合には、薬剤を使用することもあります。
これを「バイオ洗浄」と言います。
バイオ洗浄は高圧洗浄中の水すべてに薬剤を混ぜるという訳ではなく、カビやコケ・藻の発生が多い箇所に対して洗浄前に薬剤を塗布し、
細菌を分解した上で高圧洗浄を行っていきます。

 

高圧洗浄の必要性

冒頭でも触れたように、高圧洗浄が適切に行われていないと、せっかくグレードの高い塗料を塗ってもその効果が最大限に発揮できません。
ここではその理由について詳しくご説明していきます。

塗料と外壁・屋根との密着性を高める


紫外線や雨風の影響を受け劣化が進んだ外壁・屋根には、傷んだ旧塗膜だけでなくコケや藻、チョーキングの粉といった様々な汚れが付着しています。
このように劣化が発生している外壁・屋根には粘着性が失われているため、仮に高圧洗浄を行わずそのまま塗装しても新しい塗膜が上手く密着しません。
塗装直後は綺麗に仕上がっているように見えても塗料と下地の密着が弱いため、1年以内に塗膜の剥離が生じるなど早々に塗装がダメになってしまう可能性が十分にあり得ます。

 

高圧洗浄でないといけない理由


高圧洗浄機が開発される以前は、洗浄は当然人力で行われていました。
しかし建物を一棟まるごと工事するような塗装では、ワイヤーブラシを使ってカビ・コケを綺麗に除去するだけでもかなりの時間と労力を要します。
高圧洗浄であれば水圧を利用することで作業時間も短縮でき、危険な屋根のキワなど高い箇所の洗浄も脚立を使わずに行うことができます。
このように工事の効率化や人件費の削減などを考慮すると、やはり高圧洗浄機を使ったほうが合理的と言えます。

 

最後に

塗装前の洗浄作業は一見必要性に疑問を感じてしまう作業かもしれませんが、
このような下地処理が丁寧に行われているほど塗料の効果は最大限に発揮され、長い目で見たときお住まいの状態に歴然と現れてきます。
大切なお住まいを少しでも長く美しい状態で保つためにも、塗装前の作業からきちんと適切に施工してくれる業者選びが重要です。

合わせて見たい

高圧洗浄の基礎知識について

この記事を書いた人

代表取締役 戸髙 勇樹

保有資格:外装劣化診断士、一般建築物石綿含有建材調査者、石綿作業主任者、アステックペイント技術認定者

業界歴・経歴:約17年以上。大手リフォーム会社に就職後、一度は塗装業界を離れるも、「人に感謝される仕事がしたい」と、ベストホームに入社。1500棟以上の塗装工事を実施。

出身地:北九州市小倉北区

コメント:創業以来24年、福岡県北九州市を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・リフォーム工事を行っております。
塗装工事はどの業者に頼まれても塗ったばかりはキレイだと思います。塗装工事で差が出るのは〈数年後〉です。塗装工事を行い数年経過しないと適正な工事をしたのかがわからない、ここが塗装業者選びの難しいところです。塗装の高品質団体プロタイムズは『社会に貢献できる塗装・社会に誇れる塗装』をご提供させていただきますので、塗装工事でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

 

ベストホーム株式会社

ベストホーム株式会社

 

お気軽にご相談ください

簡単!10秒でお見積依頼

ベストホーム株式会社

ベストホーム株式会社

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
※必須の項目は必ず入力してください。

希望内容
お名前 
※必須
電話番号 
※必須

 
 

屋根塗装・外壁塗装のお問い合わせ・お見積り(無料)はこちら

【ベストホーム株式会社(プロタイムズ小倉南店)】

〒803-0279 福岡県北九州市小倉南区徳吉南1-1-16

【TEL】0120-05-8127

【FAX】093-383-9226

【営業時間】9:00~18:00(大型連休除く)

お住まいのお悩み・ご相談はお気軽に
お問い合わせください

       
お住まいのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください お住まいのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください

しつこい営業のセールス、勧誘などは一切ございません。 無理にお名前やご住所などを伺うこともございません。 TEL 0120-05-81270120-05-8127
電話お問い合わせ年中無休
営業時間 9:00~18:00