【外壁塗装】アフターサービスは品質に自信のある証拠?定期点検の重要性【屋根塗装】

  • HOME
  • お知らせ
  • 【外壁塗装】アフターサービスは品質に自信のある証拠?定期点検の重要性【屋根塗装】

ベストホーム株式会社ベストホーム株式会社

塗装工事において業者選びをする際、工事内容やかかる費用を重要視される方は多いと思います。
これらに比べるとどうしても優先順位が下がりやすい傾向にありますが、実は「アフターサービスが充実しているかどうか」という点も業者選びでは非常に重要なポイントです。

どんな塗装業者が施工しても、工事直後は大差なく綺麗な仕上がりになるものです。
しかし施工不良があればたった数年で不具合が発生してしまい、最悪の場合は業者と連絡がつかなくなってしまうこともあります。
もちろん単純にアフターサービスがあればいいという訳ではないので、施工後の定期点検の有無や保証の有無など、サービスの内容まできちんと確認をする必要があります。
今回は定期点検の目的や重要性についてご説明していきます。

目次

 

定期点検が塗装を長持ちさせる

外壁や屋根の塗装工事が完了してもそれで終わりではありません。
建物の環境要因や突然の災害等によって、塗料本来の耐用年数よりも前に塗膜の剥がれやひび割れが起きてしまう可能性もあります。
そのため建物の耐久性・美観性を10年、20年と維持していく上で、やはり定期的な点検が欠かせません。
ここでは定期点検の目的や重要性についてご説明いたします。

施工不良が起きても早期発見できる



外壁塗装の施工不良は、工事直後の数週間よりも半年から3年ほど年数が経ってから発覚する場合が多いです。
次の塗り替え時期まで定期点検をせずに外壁や屋根を放置してしまうと、施工不良が発生していた場合そのまま長期間放置してしまうことに繋がります。
そうなると、本来であれば塗膜によって保護されていたはずの外壁が紫外線や雨風に晒されてしまい、次の塗り替えのころには大掛かりな補修作業が必要となる可能性があります。
このようなことを防ぐためにも、定期点検で隅々までお住まいの状態をチェックしておくことは大変重要であり、早めの対処が塗装を長持ちさせてくれます。

定期点検は家主自身で頻繁に行う必要はなく、大抵の優良業者は工事完了から1年後、3年後、5年後等に定期点検を行ってくれます。
点検の間隔は業者ごとに異なりますが、弊社ではお住まいの変化に素早く気づいてご対応できるよう、工事後1年以上のお客様には定期点検お知らせのハガキをお送りし、ご希望の方には永年無料で毎年点検にお伺いしています。

合わせてチェック!ベストホームの毎年点検の内容

ベストホームで行っている毎年点検は業界唯一に近い取り組みです。
また弊社ではお客様のご了承のもと、定期点検の結果を写真と一緒にホームページ上でも掲載しております。
施工品質に自信があるからこそ施工後数年経過した状態や、施主様のリアルなお声を他のお客様にもご覧いただきたいと思っております。
以下から定期点検の流れや、定期点検の様子・結果等を掲載したアフターブログをご確認いただけますので、ぜひご参考にされてみて下さい。

▶▶ベストホームの定期点検の流れ

▶▶定期点検の様子がわかる!アフターブログ


適切なアフターサービスを行ってくれる業者選びのポイント

冒頭でも少し触れましたが、業者選びの際に定期点検を行ってくれる塗装業者を選んでおくと、施工不良による不具合や劣化などが進行する前に適切なタイミングで補修を行ってもらえます。
しかしすべての業者が定期点検を行っているわけではなく、中には定期点検を行っていても内容が不適切な業者も存在します。
適切なアフターサービスを行ってくれるかどうかを判断する上でのポイントをここではお伝えいたします。

工事保証書を発行してくれる



塗装における工事保証とは、塗装を行った業者が独自に提供している保証のことを指します。(「自社保証」や「アフター保証」等と呼ばれます)
施工した業者に工事後の定期点検や緊急時の点検を依頼するために、口約束だけではなくきちんと紙の保証書を作成してもらうのが確実です。
工事後の保証範囲が明記された保証書や書類を発行してもらうことができれば、保証範囲に関する業者とのトラブルも減らすことができます。
また、保証期間と内容は必ず契約前にしっかりと確認することをおすすめいたします。

塗料や工事箇所にもよりますが、外壁塗装における基本的な保証期間は3∼10年ほどです。
近年では技術が進歩し塗料の耐用年数が20~30年という商品も販売されているため、中には20年以上の長期保証を謳っている業者もいますが、
決して「塗料の耐用年数=保証年数」ではありません。
そもそも外壁塗装の塗り替え周期は10年前後のため、たとえば20年後にその業者が必ず保証してくれるとは限りません。
「この劣化はこちらの不手際が原因ではない」と判断された場合、20年保証がついていても保証を受けることができないため「保証期間が長いから良い業者」とも限らないのです。







積極的に工事後の定期点検を行ってくれる



外壁や屋根に大きなひび割れや広範囲に渡る塗膜の剥がれといった目に見える不具合が起きていない場合、わざわざ自ら業者に連絡をして定期点検を依頼する人はあまりいません。
しかし表面的には不具合が現れていなくても、外壁や屋根の中で進行している可能性もあります。
そのため家主側から連絡を取らずとも積極的に定期点検を行ってくれる業者は、先々を考えると安心してお住まいを任せやすいと言えます。

「工事後の点検等アフターサービスに力を入れているのは、工事品質に自信がなくクレームややり直しが多い業者なのでは?」と疑念を持たれる方もいるかもしれませんが、
実はその逆で、このようなアフター保証は施工品質に自信があるからこそできるサービスなのです。
もし施工不良ややり直しばかりが起きるような塗装業者がアフター保証を行おうとすると、無料補修で材料費や人件費がかかってしまうためアフター保証を用意しようとは考えません。

塗装後に問題が起きないようしっかりと施工をするからこそ、堂々とアフターサービスを用意することができるのです。








長く地域に根差した会社



一回の工事費用がおよそ80~100万以上かかる外壁塗装は頻繁に行うものではありません。
そのため定期点検は、塗り替えの目安と言われる10年後までは行ってほしいサービスと言えます。

設立したばかりで10年以上の実績がない業者の場合、10年後には倒産等の理由で会社がなくなってしまい点検も補修もしてもらえない、という可能性がまったく無いとも限りません。
一方で同じ地域で10年以上営業をしている塗装業者であれば、経営も安定しており10年後も点検をしてもらえる可能性が比較的高いと言えます。

 

 

最後に

建物の外壁や屋根は塗装によって保護されていますが、やはり経年劣化によりいつかはその耐久性を失っていきます。
耐久性を長持ちさせお住まいの状態を維持させるためには、劣化症状に早期の段階で気づきなるべく早めの対処を行うことが重要です。
そのためにもアフターサービスとして定期点検をしっかりと行ってくれる業者を選ぶことをおすすめいたします。


この記事を書いた人

代表取締役 戸髙 勇樹

保有資格:外装劣化診断士、一般建築物石綿含有建材調査者、石綿作業主任者、アステックペイント技術認定者

業界歴・経歴:約17年以上。大手リフォーム会社に就職後、一度は塗装業界を離れるも、「人に感謝される仕事がしたい」と、ベストホームに入社。1500棟以上の塗装工事を実施。

出身地:北九州市小倉北区

コメント:創業以来24年、福岡県北九州市を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・リフォーム工事を行っております。
塗装工事はどの業者に頼まれても塗ったばかりはキレイだと思います。塗装工事で差が出るのは〈数年後〉です。塗装工事を行い数年経過しないと適正な工事をしたのかがわからない、ここが塗装業者選びの難しいところです。塗装の高品質団体プロタイムズは『社会に貢献できる塗装・社会に誇れる塗装』をご提供させていただきますので、塗装工事でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

 

ベストホーム株式会社

ベストホーム株式会社

 

お気軽にご相談ください

簡単!10秒でお見積依頼

ベストホーム株式会社

ベストホーム株式会社

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
※必須の項目は必ず入力してください。

希望内容
お名前 
※必須
電話番号 
※必須

 
 

屋根塗装・外壁塗装のお問い合わせ・お見積り(無料)はこちら

【ベストホーム株式会社(プロタイムズ小倉南店)】

〒803-0279 福岡県北九州市小倉南区徳吉南1-1-16

【TEL】0120-05-8127

【FAX】093-383-9226

【営業時間】9:00~18:00(大型連休除く)

お住まいのお悩み・ご相談はお気軽に
お問い合わせください

       
お住まいのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください お住まいのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください

しつこい営業のセールス、勧誘などは一切ございません。 無理にお名前やご住所などを伺うこともございません。 TEL 0120-05-81270120-05-8127
電話お問い合わせ年中無休
営業時間 9:00~18:00