【屋根塗装】瓦屋根に塗装は必要?瓦塗装の特徴と注意点

  • HOME
  • お知らせ
  • 【屋根塗装】瓦屋根に塗装は必要?瓦塗装の特徴と注意点

ベストホーム株式会社ベストホーム株式会社

 

外壁塗装と一緒に屋根も塗装したいと検討中の方には「最近主流の薄い瓦(スレート瓦)ではなく昔ながらの瓦の形をしている場合、メンテナンスはどうしたらいいのか」と悩まれている方もいるのではないでしょうか。
瓦には塗装が必要な瓦と塗装が不必要な瓦の2種類があります。
今回は瓦の種類にも触れながら、その特徴や注意点などについて詳しくご説明していきます。

 

目次

 

この記事でわかること
瓦の種類別による塗装の必要性は?
・和瓦やいぶし瓦等の粘土系瓦は塗装は不必要
・モニエル瓦などのセメント系瓦には塗装は必要

瓦塗装のポイントは?
葺き替えに比べてコストが抑えられます。カバー工法は施工できないため、瓦のメンテナンス方法は塗装か葺き替えの2種類のみとなっている点には注意が必要です。
また、モニエル瓦は塗膜が剥がれやすい傾向があるため、十分な下地処理が必須です。

 

種類別で見る瓦の塗装の必要性

冒頭でご説明したように、瓦には塗装が必要な瓦と不必要な瓦があります。
以下ではその内容について詳しくご説明していきます。

粘土系瓦の塗装は不必要




    粘土系の瓦は和瓦といわれ、いぶし瓦・無釉瓦・陶器瓦等があり、昔ながらの日本家屋や日本建築のお城、寺社等によく使われています。
    特徴としては他の屋根材よりも重く、スレート瓦は平均約24㎏/㎡に対して、和瓦は平均約45㎏/㎡もあります。そのため台風などの強風には強いですが、耐震性は他の屋根材に比べて低めです。
    粘土を瓦の形にかたどったあと高温で焼き上げて製造され、陶器の食器のように耐久性の高いものができあがります。衝撃を受けるとひび割れ等が発生してしまいますが、基本的には瓦のメンテナンスは不要です。
    ただし、漆喰等の瓦以外の周辺部分のメンテナンスは必要です。粘土系の瓦は、表面の保護という観点で塗装は必要ではありませんが、色変え等を目的とした塗装をすることができます。

    セメント系瓦の塗装は必要




      セメント系の瓦には、セメント瓦、モニエル瓦等複数の種類があります。
      前述の和瓦と違い粘土を焼き上げているわけではなく、セメント、砂、水を混ぜ合わせ、モルタルのようにセメントの化学反応で硬化されたものとなります。そのため瓦表面にはモルタル同様意匠性(色・艶)がなく、更に防水性もなく雨水を吸い込んでしまうため、塗装が必要です。

      またモニエル瓦はヨーロッパ発祥のセメント瓦で、通常の瓦とは違い表面に「スラリー層」という着色したセメントの液(ペースト)が薄く吹き付けられ、更に吸水防止の為にクリヤー塗料が塗られています。
      そのため、この上に塗装をすると脆いスラリー層から塗膜の剝がれ等が起きるトラブルが多く、現在では製造されていません。
      塗装の際は表面のこの劣化したスラリー層をしっかりと取り除いてから施工する必要があります。

       

      瓦塗装の特徴

      他のメンテナンスよりコストがかからない


        瓦塗装の最大のメリットは、他のメンテナンス方法よりもコストがかからないことです。
        塗装以外のメンテナンス方法には、屋根材の葺き替えがあります。
        今のお住まいをあと20年以上持たせたいという場合は葺き替え工法がおすすめですが、費用が数百万以上かかってしまします。
        そのため「10年前後持てば十分」という方には塗装がおすすめです。

        また屋根のメンテナンス方法として、屋根材を既存瓦の上から被せる「カバー工法」もありますが、瓦屋根の場合は施工できません。
        メンテナンス方法は塗装か葺き替えの2種類となるため、注意が必要です。

        下記はメンテナンス方法ごとの相場の目安です。

        メンテナンス方法 相場
        葺き替え スレート瓦 約140万円~
        セメント瓦 約160万円~
        和瓦 約130万円~
        塗装 約40万円~(塗料によって変動)

         

        モニエル瓦の場合は塗膜が剥がれやすい


          モニエル瓦は脆いスラリー層が約1㎜以上厚あるため、細かいところまでケレン除去が行き渡りづらく、施工不良となって塗膜が剝がれることがあります。
          しかし必ずしも起こることではなく、施工知識をしっかりと身につけている業者であればこのような不具合は防ぐことができます。


           

          セメント瓦の塗装の注意点

          セメント瓦の塗装工程は、一般的な屋根(スレート瓦)の塗装とほとんど変わりませんが、注意すべき点がいくつかあります。
          以下ではその内容についてご説明していきます。

             

            下地処理を十分に行う


              モニエル瓦には表面にスラリー層というセメントの液(ペースト)が吹き付られています。その他にも苔やカビ等の汚れがこびりついているため、ケレンや高圧洗浄でしっかりと除去します。
              凸凹も多く手間のかかる作業ではありますが、しっかりと行うことで塗膜剝離等の不具合を防ぐことができます。

               

              下塗り材を十分に塗布する


                下地処理を十分に行った瓦は、表面の弱い塗装が除去されてセメントの素地がむき出しの状態になることが多く、下塗り材を吸収します。想定していた下塗り材の量を塗布し終わっても吸い込みが止まらない場合は、もう一度塗布する必要があります。

                他の屋根材にも共通して言えることですが、下塗り材が不足していると上塗材との密着不良が起き、耐久性も本来の効果を発揮できなくなります。


                DIYでの塗装は危険なので行わない


                  屋根の塗装をDIYで済ませる人もいますが、大変危険なのでおすすめしません。

                  瓦屋根の上を歩くことを想定した場合、慣れていない状態で歩くので瓦がずれ、破損や墜落してしまう恐れがあります。その結果、雨漏りを起こす危険性もあり、むしろ費用が高くついてしまいます。
                  塗装だけでは済まなくなってしまうケースもあるため、余計なリスクを負わないためにも信頼できる業者に頼みましょう。

                   

                  最後に

                  今回ご説明したように瓦には2種類あり、粘土系の瓦の場合は耐久性が高く表面から水を吸い込むこともないので、塗装の必要はありません。
                  漆喰等の補修は必要ですので、気になる場合は業者に調査してもらいましょう。セメント系の瓦の場合は表面を塗装で保護する必要があります。
                  メンテナンスを長期的に考える場合は葺き替えでも可能ですが、費用をできるだけ抑えたい場合は塗装でも十分可能です。
                  スレート瓦等の一般的な屋根材に比べて下地処理を念入りにおこなう必要があるので、施工知識をしっかり持った信頼できる業者に依頼することをお勧めいたします。


                  弊社では、お住まいの状況に合わせた塗装プランのご提案しております。
                  お住まいの状況は環境によって大きく変わります。
                  だからこそ、プロである私たちがお住まいごと、お客様ごとに最適な塗料・プランをしっかり検討いたします。
                  もちろん、お住まいの状況を確認したいという方もご相談ください。
                  ▶▶お問い合わせはこちらから

                  また弊社の大切にしていることとして、塗装後もキレイを保つことです。
                  「毎年点検」として、毎年お住まいの外壁塗装の状況を確認させていただいております。
                  毎年点検することで、前回の点検時との違いや、北九州市に多い雨漏りなどの漏水トラブルが起こっていないかなど、細かに点検しお伝えいたします。

                  顔を合わせる機会が増えることで、お客様にとって住まいに関するお悩みやお困りごとを『気軽に、安心して相談できる』会社を目指しています。

                  ▶▶お住まいの状態を一度確認して見ませんか?無料見積もりはこちらから

                  この記事を書いた人

                  代表取締役 戸髙 勇樹

                  保有資格:外装劣化診断士、一般建築物石綿含有建材調査者、石綿作業主任者、アステックペイント技術認定者

                  業界歴・経歴:約17年以上。大手リフォーム会社に就職後、一度は塗装業界を離れるも、「人に感謝される仕事がしたい」と、ベストホームに入社。1500棟以上の塗装工事を実施。

                  出身地:北九州市小倉北区

                  コメント:創業以来24年、福岡県北九州市を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・リフォーム工事を行っております。
                  塗装工事はどの業者に頼まれても塗ったばかりはキレイだと思います。塗装工事で差が出るのは〈数年後〉です。塗装工事を行い数年経過しないと適正な工事をしたのかがわからない、ここが塗装業者選びの難しいところです。塗装の高品質団体プロタイムズは『社会に貢献できる塗装・社会に誇れる塗装』をご提供させていただきますので、塗装工事でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

                   

                  ベストホーム株式会社

                  ベストホーム株式会社

                   

                  お気軽にご相談ください

                  簡単!10秒でお見積依頼

                  ベストホーム株式会社ベストホーム株式会社

                  ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
                  ※必須の項目は必ず入力してください。

                  希望内容
                  お名前 
                  ※必須
                  電話番号 
                  ※必須

                   
                   

                  屋根塗装・外壁塗装のお問い合わせ・お見積り(無料)はこちら

                  【ベストホーム株式会社(プロタイムズ小倉南店)】

                  〒803-0279 福岡県北九州市小倉南区徳吉南1-1-16

                  【TEL】0120-05-8127

                  【FAX】093-383-9226

                  【営業時間】9:00~18:00(大型連休除く)

                  お住まいのお悩み・ご相談はお気軽に
                  お問い合わせください

                         
                  お住まいのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください お住まいのお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください

                  しつこい営業のセールス、勧誘などは一切ございません。 無理にお名前やご住所などを伺うこともございません。 TEL 0120-05-81270120-05-8127
                  電話お問い合わせ年中無休
                  営業時間 9:00~18:00